第二種電気工事士 特殊消防設備士試験の方へ

第二種電気工事士・特殊消防設備士試験 一発合格のコツ!
  電気の専門的知識など何も知らない、まったくの素人が電気工事士を挑戦!一発合格のコツ

私は20年度の第2種電気工事士を受けようと思い、4月初めにパソコンで試験日を確認したところ、試験申し込み締め切り2日前でした。とにかく、ネットでの申し込みしか方法がないため、申し込みをして受験手数料を払いました。ネットからの申し込みは9,300円円なのですが、郵便申し込み金額の9,600円を支払ってしまいました。

筆記試験まで僅か1ヶ月半しかありません。初めての受験ですし、電気のことは何も知りません。勉強もしていません。計算式やインピーダンス、リアクタンスなどの言葉がでると、後ずさりしたくなる。それでも実質、概ね1ヶ月の勉強で筆記試験を、また実技試験も1ヶ月でクリアーしました。すべて独学です。

私は60才ぐらいで決して若くはありません。数学も苦手です。
是非、私の勉強方法で資格を取得してください。

第二種電気工事士受験申し込み → 毎年3月中旬から4月はじめ頃まで
第二種電気工事士筆記試験    → 毎年6月はじめの日曜日
第二種電気工事士技能試験    → 毎年7月下旬の土曜日、日曜日



電気工事士の試験問題は持ち帰りできるので試験傾向が分かりますが、消防設備士試験問題は持ち帰りができません。しかも甲種特類は、情報が少なく合格率も10から15パーセントと難関です。今回、最近の出題傾向を元に111問を作成しました。


 
copyright 2009 © 一発合格のコツ All Rights Reserved